ピアノを知る

近年、日本人の生活と音楽のあり方は徐々に変わってきています。さらにはカセットテープの登場で録音まで可能となり、好きな音楽を好きな時に楽しめるだけでなく、保存したものを友達に貸すなどという楽しみ方ができるようになりました。その後、レコードの普及により、日本人と音楽は一気に距離を縮めます。ですが、ピアノの音は、たとえばショパンの曲がそうであるように、昔も今も同じ「ピアノの音」です。それは、音色です。

ピアノの音色は、何百年も前から現在に至るまで変わっていません。今ではパソコン上で曲を作ることも可能で、音楽に携わっているプロではない一般人であっても作曲ができるようになりました。1980年代にレコードに代わって誕生したCDは、1990年代に爆発的な売れ行きを記録しました。もちろん、厳密には構造も含め、ある程度の変化はあるでしょう。そういうふれあいをしてきました。

昔は、音楽といえばラジオで聴くものでした。たとえば、ピアノ。ただ、そんな中で変わらないものもあります。数少ないそれらの中に、ピアノは含まれているのでしょう。

お気に入りの曲をラジオで何度も聴き、口ずさみ、そして共有していく。どれだけ時代が 動いても、変わらないもの。そういった時代の変化に伴い、音楽そのものも徐々 に変わっています。2000年代に入ると、今度は配信という形に移行し、音楽がデ ータとしてパソコンや携帯電話で行き交うようになったのです。つまり自分のピアノを 聞かせる媒体がより多く普及しはじめたのです。

鍵盤という概念

発明したのは、意外にもドイツ人ではなくイタリア人です。非常にシンプルな構造で、音量も現代のピアノと比べるとかなり弱く、小さかったようです。ただ、鍵盤を縦に揺らすことでヴィブラートが生まれるなど、現代のピアノではできないこともできることから、今だに愛好家が世界中にいる楽器です。

鍵盤という概念は比較的すぐ生まれ、ピアノより前に鍵盤楽器の始祖として「クラヴィコード」という楽器が生まれました。クラヴィコードは、実は14世紀頃にはもう誕生していたと言われています。しかし、この楽器は貴族や上流階級の人々の目に留まり、世界各国で利用される人気楽器となったのです。

バルトロメオ・クリストフォリという人が、クラヴィコードとチェンバロの両方の長所を兼ね備えた鍵盤楽器を開発しようと着手し、生み出された発明品でした。かなり古い歴史を持つピアノの創世記は、今から300年以上前の1700年にまで遡ります。こういった背景もあって、ピアノは18世紀、1700年代初頭に生まれます。

当然、当時は今のような形のピアノではなく、あくまで「弦を叩いて音を出す楽器」という発想の下に作 られた物で、いわば試作品状態でした。チェンバロは17世紀に誕生した鍵盤楽器で、音量を強化するこ とでクラヴィコードより強い音が出せるようになりましたが、ヴィブラートを生み出すなどの音の強 弱表現はできなくなりました。クリストフォリのピアノの発明によって多くの偉大な作曲者が誕生し 、ピアノは世界的な楽器となっていきました。現代では考えられないくらい、当時はピアノは人気がなかったのです。


相互リンク
ベッド ホテル



ピアノの普及と進化

1700年代は、ピアノと共にあった時代といっても過言ではないほど、ピアノの普及と進化は早かったといわれています。さらに1770年代中盤になると、スタインというチェンバロ製作者が独自の技法でさらにピアノを進化させます。そして、ピアノは時代と共にその構造を変えていきますが、それでも音色はそのままに進化し、1800年代に現代のピアノとして完成を見ます。

日本では、1887年にヤマハ(YAMAHA)が誕生してから、ピアノが普及しはじめました。その後、イギリス、フランスといったヨーロッパ諸国でも人気を博し、特に1700年代後半に興った産業革命、フランス革命等によって一般層の中からもブルジョアといわれるお金持ちが生まれるようになってからは、ピアノは貴族や上流階級の人々だけではなく、一般層にも広がりを見せていったのです。その進化したピアノを紹介され、その後ピアノに没頭したのが、かの大音楽家バッハです。

バッハの登場によって、ピアノという楽器は一気にメジャーなものとなったのです。その後も1927年に河合楽器研究所(カワイ)が設立されるなど、さまざまなピアノ製作会社が生まれ、ピアノは日本人の音楽の中に浸透していったのです。そのピアノを聴いて感動し、ピアノ演奏を取り入れたのが、あのモーツァルトです。

モーツァルトは、晩年までそのピアノを愛用したといわれています。まず、クリストフォリが発明したピアノは 、その弟子のジルベルマンによってさらに進化します。こういった偉大な音楽家の登場もあり、ドイツでは ピアノという楽器が一気に普及しました。ただ今もそうですが、はやりピアノを家庭にもっているのはお金もちだけの ようです。いくら安くなったとはいえ、まだまだ一般家庭で簡単に手に入るものではないのです。s

学校などに置かれているピアノ

学校などに置かれているピアノは、基本的にはこのアップライト・ピアノです。その多くは構造的なものですが、同時にそれによって音色も異なっています。また、この他にも、電子ピアノ、電子方ピアノ、キーボードなど、近年になって生まれたピアノもあり、これらもそれぞれ構造や音色が異なっています。その結果、グランド・ピアノほどは場所を取らないサイズとなり、それによって一般家庭にも普及したといわれています。

ピアノの音色は生誕から300年、基本的には変わっていません。一方のアップライト・ピアノは、いわば家庭用のピアノです。その音の響きから、天井の高いコンサート会場などで使用される鍵盤楽器です。それぞれの楽器がそうであるように、ピアノにも数多くの種類があります。

ピアノは、「グランド・ピアノ」と「アップライト・ピアノ」の二つに大きく分けられます。グランド・ピアノは、非常に大型のピアノです。ひとくちにピアノといっても、このようにかなり多くの種類が存在しているのです。ただ、派生によって同じピアノでも全然違う音色のものが生まれ、それがまたさらなる派生を呼び、かなりの数のピアノが生まれました。

近代のピアノにおいては自動演奏が可能なピアノも生まれ、その演奏スタイルにまで大きな変化を もたらしました。グランド・ピアノが地面と水平になるよう弦とフレームを配しているのに対し、ア ップライト・ピアノは地面と垂直に配しています。そして、これらの中でもさらに多数の派生を見て おり、その種類はかなり膨大な数に上ります。 正直言ってプロでも全てのピアノの種類を覚えるのは不可能でないかというほど、その数はあり、 また現在も進行形で増えているのです。


アップライト・ピアノ

アップライト・ピアノ等、他のピアノにはない滑らかさがあり、非常に壮大な音色となります。このサイズであれば、家庭用としても利用できます。その種類分けは主にサイズで行われており、最も大きい「2.2?3m」のサイズの物は、「コンサートグランド」と呼ばれています。そして、それよりもさらに小さいグランド・ピアノもあります。「ベビー・グランド」と呼ばれるピアノです。

設置する上での問題は、やはりその大きさでしょう。スペースを広く使うだけではなく、天井の高さにも気を配る必要があります。コンサートグランドをややコンパクトにしたピアノが、「パーラーグランド」です。しかし、ピアノの歴史を知る上では、このピアノを無視することはできないでしょう。ベビー・グランドは、1884年にゾーマー社が特許を取得しています。

コンサートグランドは、コンサートが行われるホールや演奏会の会場などで使用されます。グランド・ピアノもさまざまな派生を果たし、複数の種類が誕生しています。パーラーグランドは「1.7?2.2m」のサイズで作られたグランド・ピアノです。また、その音の大きさもあって防音対策も必須です。

家庭用のサイズではないので、あまり一般家庭ではなじみのないグランド・ピアノ。そのため、グランド・ピアノ は家庭で使用するのは少々難しい楽器といわれてきましたが、実は近年においては「家庭用グランド・ピアノ」も誕生してい るのです。グランド・ピアノの特徴は、その音の伸びです。サイズ的にはかなりコンパクトですが、一般家庭で見る機会はそう 多くないかもしれませんね。ただその分高額になりがちですので、なかなかどうしてもて買えない、というのがあるのでは ないでしょうか。

グランド・ピアノ

コンサート会場など、ごく一部でしか見かけることのないグランド・ピアノとは対照的に、アップラ イト・ピアノは学校をはじめ、さまざまな場所で見かけることのできる最もノーマルなピアノです。 つまり、アップライト・ピアノはアマチュア用のピアノということになります。また、価格がグラ ンド・ピアノと比べて安価な点も、普及の大きな要因といえるでしょう。 昔よりは安くなったとはいえ、現代でもグランドピアノは高く誰でもかえるわけではありませんが、 それでも手に入りやすくはなっています。

仮に、プロを目指すためにピアノを購入するという場合は、最初はアップライト・ピアノで練習し、プロに近いレベルになった時点でグランド・ピアノに買い換えると良いでしょう。その最大の特徴は、グランド・ピアノと比較してサイズがコンパクトな点で、スペースを取らないことから、家庭でも置きやすい、庶民派のピアノとして普及の一翼を担いました。とはいえ、アマチュアの人が普通に演奏する分には何ら問題はありません。

グランド・ピアノの場合は縦からハンマーが落ちるという構造なので、重力が加算されます。これは、内部構造が「横から弦をハンマーで叩いて音を出す」というものになっているためです。そのため非常に反応が速くなるのですが、アップライト・ピアノの場合はその重力の恩恵を受けることができません。

。そんなアップライト・ピアノには、構造的な問題として、グランド・ピアノと比較すると連弾などの際の反応がやや鈍いという 点があります。そこがプロの人たちにとっては大きなデメリットとなるため、コンサート会場などで彼等が演奏する場合は、アップ ライト・ピアノが使用されることはないようです。このような知識はピアノをある程度やっている人でないと絶対にわからない ことですよね。ただ雑学として知っておくと、ちょっとした自慢になるので、覚えて損はありません。



エレクトロニック

登場してからまだ日が浅く、なにより「エレクトロニック」という分野のため技術の向上が目覚しく、それに合わせるように電子ピアノもどんどんとその性能を向上させています。比較的近年誕生した電子ピアノ。とはいえ、登場時は必ずしも「ピアノ」という感じではなく、音質も反応もある意味オモチャのような感じでした。

別名「エレクトロニック・ピアノ」、あるいは「デジタルピアノ」とも呼ばれるこのピアノは、電子回路が内蔵され、電気の力で音が鳴るというものです。電子ピアノはしばしば「エレクトーン」と混同されますが、エレクトーンは電子オルガンの名称であり、ヤマハの電子オルガンの商品名です。しかし、近年では反応速度も非常に速くなり、また強弱も付けられるようになって、鍵盤数も88の物が出てきたことから、電子ピアノはピアノの派生品として正式に認められるようになりました。

音源が電気によって制御されているので、当然ながら電源を確保できる場所でないと演奏ができない楽器になります。実際、鍵盤の数も88はなく、そういう意味では子供が遊ぶための物、あるいはピアノの初心者がピアノに触れるために最初に買い与えられる物という印象が非常に強かったのです。電子ピアノは、現在もなお進化し続けている鍵盤楽器です。

現在では「調律不要のピアノ」、「低価格、コンパクトのピアノ」というメリットの方が前面に出た人 気商品となっています。そういう意味では、他のピアノとは大きく種類が異なるピアノといえるかもしれません。 この人気商品をもっていると人気者になれそうですね。ぜひ購入を検討されてみてはいかがでしょうか?